· 

読書感想文教室を開催しました

四日市の整理収納アドバイザー×方眼ノートトレーナーの

阿竹未紗子です。

 

 

読書感想文教室を開催しました。

 

 

お母様からお子様に向けて

「本当によく頑張ったと思います。」とお話を聞かせていただくことができました。

 

 

小学校の夏休みの宿題に読書感想文が必須の学校とそうでない学校とがあることを子供が小学校へ入学してから知りました。

 

読書感想文教室には

●書き方を知りたくて来て下さる方

●宿題を終わらせるためにどのように取り組もうか親子で悩んで来て下さる方

●夏休みに何かを体験させたくて来て下さる方など

 

 

参加理由は様々です。

 

 

お子様からの感想

●マジックシートを使ったら書きやすかった

●前までは、読書感想文を書くのが嫌いだったけれどマジックシートを使うと書きやすかった

 

お母様からの感想

●本を読んで感じたことから、自分の意見を出す過程で私の思う以上に子供の考えを聞くことが出きた

●受けると作文や感想文を書くハードルが下がります

●子供の考えに引き出し方がとても参考になりました

●ケンカをせずに、家でも引き続き取り組んでいきたいです

と書いて下さいました。

 

子供の考えの引き出し方

これ、実は私、最初カンタンではなったんです。

おそらく多くのお母様方が子供の考えの引き出し方に悩まれているではないかと思いました。

 

我が家の小4と小1の子供達との取り組みから、子供の考えの引き出し方、すっごーく考え、色々と実勢しました。

 

1人1人ピンとくる言葉が違うから、その子その子に寄り添って、コミュニケーションを取りながら、その子に基づいてこちらからお子様の考え方をうまーく引き出していきます。

 

どこをどのように子供から引き出すのか、実体験から分かるようになり、読書感想文教室ではそれを皆さんにカンタンにできるような状態にしています。

 

そこを今回はお母様がすごーく熱心に見ていてくださっていることを感じました。

沢山、書き込みをされていました。

 

私から手渡したもの

読書感想文の書き方だけでなく、

①子供に全部◎をつける方法、②子供とのコミュにケーションの方法、③子供を信じること

 

など色々と気が付いてくださったと思います。

気になると思われた方、リクエスト開催も承りますのでご連絡下さいね。